札幌の予備校・塾|大学受験(英語・数学)は札幌のマンツーマン個別指導塾、高上へお電話ください!大学受験において偏差値を上げる塾ですので、生徒の地力を底上げします。札幌駅、大通り駅にある予備校・塾のマンツーマン個別指導塾高上は、大学受験の英語、数学、物理、化学を静かな環境の個室で指導します。周りの声が邪魔になることはありません。英作文の添削、スカイプでの指導も全国どこからでも随時受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:080-1885-3972
受付時間:10:00~21:00
年中無休(相談などについては要予約)
※指導中はお電話に出られません。
お問い合わせページよりご連絡ください。
公開日:2021年10月12日

このブログを見てくださっている方の中には、第一志望が北大である方もおり、その方にとっては不愉快であるかもしれませんが、タイトルにもある通り、受験前から後期の北大は落ちる気はせず自分にとっては滑り止めでしかなかったです。

私は第一志望が京大でほかの私大(慶応・早稲田・上智など)を受けながら後期に北大を受験しました。結果は京大がダメで早慶上智は受かっていましたが、弟の私立高校の進学がちょうど決まったことや父が亡くなったことなどを考え、浪人等はせず北大を受験することにしました。結果は余裕で合格でした。理由は単純で自分が受けた私大や京大よりも問題がだいぶ簡単だったからです。どれくらい簡単だったかをつらつら書いてもいいのですが、後期の話をしてもそもそも北大を第一志望に進学したい人は前期を受けるので、後期を受ける際に前期の過去問も合わせて解いていたのでそちらのほうについて話していこうかなと思います。

ぶっちゃけた話、北大の前期はGMARCHレベルだと思ってます。これは実際解いてみるとわかると思いますが、ほとんど基礎問題しか出ていません。とにかく苦手な分野は作ってきておらず問題集のすべての問題を網羅している人にとっては簡単に合格できるような内容となっています。逆に京大や早慶はどうかというと、基礎問題は少なく複雑であったり初見のような問題がたくさん出ます。どれだけ問題を解いてきていても応用力のない人は一生手に届かないようになっています。

北海道の中では最難関大学と言われていても東京のほうの人たちからすると中堅大学とそう変わらないような大学として見られています。私のように北大を滑り止めとして見ているような方が関東には一定数いるということです。実際に私の周りには私立専願で勉強してきたけどせっかくだし国立も受けることを考えて北大に願書出し、合格している友達もいました。(慶応早稲田受かっていたのでそっちのほうに進学しましたが、、、)
北大に進学している北海道出身者はどのくらいかというと3割しかいません。東京からくる人たちがいる中で北海道にいる方は戦わなくてはならないのが現実です。じゃあ諦めて違う大学に行くべきかと言われたらそうではありません。さっきも言ったように基礎問題を広範囲にわたって出来さえすれば受かるのです。さらには国立大学ですので、就職には困らないと思います。私は工学部の情報系の分野に通っているのですが、先輩などの話を聞くと東京のほうからも北海道のほうからも相当な数と有名企業の推薦などがくるようで逆に選ぶのが難しく困っているようです。

高上では、慶応の医学部や早稲田大学の法学部など関東の一流私大にも合格者は出ています。
北大に余裕で合格したい方。関東の難関大学に合格したい方。
一緒に頑張ってみませんか?

この記事の著者

webma_user
記事一覧

高上は医学部合格率80%!
結果が出る指導を受けてみませんか?

 医学部合格実績を見る 

著者一覧