札幌の予備校・塾|大学受験(英語・数学)は札幌のマンツーマン個別指導塾、高上へお電話ください!大学受験において偏差値を上げる塾ですので、生徒の地力を底上げします。札幌駅、大通り駅にある予備校・塾のマンツーマン個別指導塾高上は、大学受験の英語、数学、物理、化学を静かな環境の個室で指導します。周りの声が邪魔になることはありません。英作文の添削、スカイプでの指導も全国どこからでも随時受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:080-1885-3972
受付時間:10:00~21:00
年中無休(相談などについては要予約)
※指導中はお電話に出られません。
お問い合わせページよりご連絡ください。
公開日:2018年5月8日
最終更新日:2018年5月12日

私は結構未来が見える。 春に初めて会った時うっすらと見えている不合格という文字が、夏になったらより一層はっきりと見える場合が多々ある。

 英語の場合は至極明快

英語に関して言えば、単に私に言われた通り単語の暗記をしようとしなかったり、5文型なるものを使用していたりと、その出来ない理由はすごく単純なものなのだが、多くの生徒は やはり若さからくる、根拠のない意味不明な自信からくるものなのだろうか、なぜか私の場合女子生徒に多いのだが、私の言うことを聞かず結果落ちて、そしてもう一生会うこともなくなってしまう。本人が別の道で納得できれば問題はないが、大学受験の勉強など、大学受験にしか役立たない場合が殆どなので、第一志望に落ちた結果、今までしてきた無味乾燥な努力からくる多大な後悔に苛まされる大学生や、そもそも大学自体に入れずに、いったいあの努力は何だったのかと頭を抱える若者はあまり少なくはないようだ。

普段厳しく思われるかもしれないが

こう見えても私は 生徒のことは普段よく考えている方だと思う。生徒の未来を案じている方だと思う。生徒が行きたい大学に落ちた場合、時に一生ものの傷を負うのを目の当たりにしてきた。

大学など、何も偏差値がいいだけが全てではないのだが、もしある生徒が偏差値の高いすごく高い大学を目指していたとして懸命に勉強したとして、 間違った方法で勉強をした結果、落ちる未来が見るのは、私の生徒ではなくても端に切なくなってしまう。

例えば、慶応を目指して猛勉強した結果落ちてしまい、結果青山に行くことになった生徒など、関東圏でこれを読んでいる受験生では、周りに心当たりがある人が結構いるのではないだろうか?

慶応の英語といえど、結局は高が知れている(ターゲット1900を全てきちんと覚えた後、さらにそれ用の別の単語帳を2~3冊使用すれば語彙的には十分である)し、さらには私立専願であれば、国立組に必要なセンターの膨大な暗記から逃れて、その力をすべて必要科目に注げるのだ。そこまで高いハードルだとは私は思わない。

絶対的に必要な暗記量

「センターの波に飲まれるな」

とは私が時々注意するところであるが、実際失敗例として多いのは、センターをないがしろにした結果、中途半端な点数しか取れず、合計点でも平均を割ることなのである。

そのような生徒は教科書の徹底理解などからは程遠く、訝しい参考書を使って自己満足に陥っていることがほとんどである。

そして、もっと根本的なことを言ってしまうと、絶対的に暗記量が足りていないのである。

自分に甘くはなかったか?

今までの人生、困ったことがあれば誰かに何とかしてもらってはこなかっただろうか? 親や周りの大人たちが助けてくれたのではないだろうか?

ただ大学受験ではそうはいかない。どんなにわかりやすい講師が指導したとしても、結局は覚えなければいけないことが多々あり、理系科目は、それに加えて、自分でとにかく計算し、煩悶しなければ実力はつかない。

人気取りの講師も含め、耳障りのよい大人の言葉だけを鵜呑みにして、責任の所在をあいまいにし、厳しい意見に耳を傾けてこなかったのではないか?

勉強をしているかなど手に取るようにわかる。

普段、私は宿題の確認などしない。宿題はきちんと出すが。なぜしないのかというと、それをしなくても本人がどれくらい勉強しているかなど、音読をさせて確認していれば手に取るようにわかるのである。

そして勉強しているのに成績が上がっていないのか、勉強をしていないから成績が上がっていないのか、宿題といえども自分の意思で勉強しているのか、他人に強制されて仕方なくしているだけなのか、それらもすべて見て取れてしまう。

社会に出ると

偏差値など、人間の幸せには私はさして関係ないと思う。ただ社会に出た時に、偏差値が高いと言われた大学に入っ人間が

「仕事と偏差値は関係ない」

というのと、全く勉強ができなかった学生が

「仕事と偏差値は関係ない」

と言うのでは結局世間での受け止め方は大きく異なってしまうのだ。

得てして社会というのはそういうものなのである。

何もこれは日本に限ったことではなく、先進国と言われる大学で良い大学に入ってた学生の方が社会に出た後有利に働くことが多いというのは至極当然の流れでもあるのだ。

また、それこそ偏差値が高いといわれる大学に入ったからこそ学べることというのは紛れもなく存在しているのである。

酷い講師もいる

私が学生に普段厳しいことを言ったとしても、それは結局は合格させたいからであり、普段甘いことを言っている講師は自分の収入の方が生徒が未来よりも大事なのであろう。

未来がかなりの確率で、こと受験の結果ということに関しては見えるだけに、以前出向していた塾にいたときは、夏に浮かび上がってくる私の担当外の多くの生徒の不合格という文字を目の当たりにしては、なんだかんもどかしくなってきていた。落ちることがその段階で確定しているからこそなおさらである。

結局その文字が浮かんでいる生徒はその時に判定が良かろうがなんだろうが受験を失敗してしまうからだ。その文字が浮かんでいるのにもかかわらず受かった生徒など 正直誰も記憶にない。

勉強方法が間違っていて、さらには甘い言葉ばかりに耳を傾けているからだ。

単語をろくに知らないのに、英語を読めるわけがなかろうに。

基本的な計算問題を自力で解くことすらできないのに、数学ができるようになるわけがなかろうに。

来年こそはと思っているそこの君、来年一回で受かろうと思っているそこのあなた。

現実を見つめよう。

この記事のキーワード

浪人生向けの受験対策なら札幌の予備校「高上」

このようなお悩みはありませんか?

年下の受験生と同じカリキュラムでは時間が足りない!?

一度受験を経験しているあなただからこそ、年下の生徒より有利なことがあります。
それは「苦手な問題傾向が分かる」という点です。

もしあなたが点数をとれている問題と苦手な問題があると分かれば、確実に点数を取れるように1つ1つ理解して解くことが重要です。
1問あっているかどうかで合格と不合格のラインが分かれますので、受験はまさに一点を争う熾烈な闘いです。
ただし合格点はあまり高くなく、きちんと学習して本番に力が発揮できれば、割と余裕をもって合格できる生徒がいることも事実です。

その時にあなたはまた塾で1から教えるカリキュラムの塾に行っていて、果たして時間を有効に使えているでしょうか。
私は使えていないと考えています。

時間を有効に使う勉強方法とは?

1対1の授業で、あなたにはあなたのカリキュラムを。

札幌市にお住まいの受験を再チャレンジするあなたへ。
あなたがもう一度頑張るその気持ちを一緒に叶えてみませんか?
まずは自分の目で確かめていただきたいので、体験レッスンからご利用ください。
「ここなら頑張れる」とご納得いただいた上でお申し込みいただきたいので、体験レッスン無しの入塾は受け付けておりません。
その代わり、希望する大学の出題傾向に合わせてあなたの苦手分野を徹底的になくします。

当校は通年でのカリキュラム表などは作っておりません。お申し込みいただいた時点であなたの1年先までの勉強方法は読めないからです。
授業を重ねていく毎に理解度を確認し、ステップをあげていきます。思っていたより時間がかかる問題も時間がかからない問題がありますので、常に1年先のゴールを見据えながら授業を進めます。

個別指導であり個室指導。他の生徒の声が聞こえない環境で集中して勉強ができます。

高上は個別指導よりワンランク上の個室指導となっており、周りの生徒の声や講師が指導している声など一切聞こえません。演習するときも最大で一教室に二人まで、となっております。
本気で勉強したいと考えている生徒に真剣に応えます。

高上指導可能教科

授業科目は英語、数学、物理、化学、生物、センター国語です。
特に数学は最も得点差のつく科目でもあります。
苦手な方には、苦手意識をなくし、1問でも多く自力で正答できるようまずは「徹底的な計算練習」を行います。そして「公式の成り立ち」を学ぶ事ができ、「センター対策」「記述対策」を行います。さらに、得意な方には、パターン暗記ではない、「解法の再現力」をつけていきます。
状況が変わってもなぜその解法を使うのかを分かっていれば、応用問題にも格段に強くなります。
過去問と出題方法を変えた初見の問題が出題されても、冷静に解くことができます。

この記事の著者

高上
記事一覧

高上は医学部合格率80%!
結果が出る指導を受けてみませんか?

 医学部合格実績を見る 

著者一覧