札幌の予備校・塾|大学受験(英語・数学)は札幌のマンツーマン個別指導塾、高上へお電話ください!大学受験において偏差値を上げる塾ですので、生徒の地力を底上げします。札幌駅、大通り駅にある予備校・塾のマンツーマン個別指導塾高上は、大学受験の英語、数学、物理、化学を静かな環境の個室で指導します。周りの声が邪魔になることはありません。英作文の添削、スカイプでの指導も全国どこからでも随時受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:080-1885-3972
受付時間:10:00~21:00
年中無休(相談などについては要予約)
※指導中はお電話に出られません。
お問い合わせページよりご連絡ください。
公開日:2021年4月25日
最終更新日:2021年8月18日

理系科目に全振りして北大に受かった話(センター得点開示)

私は高校受験の時から文系科目はからっきしで、自分で言うのもあれだが、理系科目がずば抜けてた。どうしても覚えたりするのが苦手で英単語だったり世界史の人物名などが嫌いだった。

高校の古典の授業では最初、助動詞によって動詞の活用が推理できたりして楽しくて仕方なく定期テストでは90点後半を取っていたが、後期になると和訳の問題が多くなり活用形の種類を特定したところでその動詞の意味や副詞などの意味を覚えていないといけなく唯一できた文系科目もいやになった。そこからは、文系科目をやるのは切り捨てて理系科目に専念した。

必然的に理系の大学に進むのは確定したのだが、どの大学もほとんどが二次で英語を出してくる。さらに国公立大学に志願するとなると地理、英語、国語などが必要になってくる。ではどうしたかというと、二次で使う英語以外は学校の授業しかやらず自習の時は英語か理系科目しかやらなかった。

センター試験の点数

センター試験(昔の共通テストの呼び名)ではどういった点数を取ったかというと、

英語:185/200
リスニング:42/50
地理:69/100
現国:123/200
化学:80/100
物理:100/100
数ⅠA:98/100
数ⅡB:95/100

これを見てわかるように地理や国語が出来なくてもセンターレベルの英語と、理数系に特化さえしていれば問題なく北大に受かるレベルまでこれる。さらになぜ北大を受験したかというと後期入試では数学と理科しかなく、さらにセンター:二次試験の得点比が6:4の割合となる。つまり北大工学部の理系科目(英語含む)の割合は80%となり、センターの国語や地理の得点が平均点の半分取れたとしたら90%で十分に北大を目指せる。高校3年間、理系科目だけやった人は中途半端に勉強した人に負けるはずがない。

終わりに

勉強が嫌いな人でも好きな科目、嫌いな科目があるはずである。嫌いな科目はどうしようもない。塾などのうたい文句で「苦手を克服しよう!」といったのがあるが克服できる人はそう多くない。ある単元ができるようになったとしても、その教科に対する苦手意識は残り続けてしまう。だったら、好きな科目だけやればいいのではないだろうか。その後の進路はとりあえず置いておいて、自分が好きだと思う科目であったり分野をやっていけばそれが得意になるかもしれない。それを機に自分は文系だ、もしくは理系であると自覚できればあとは自分で北大の情報エレクトロニクス学科ってこんな研究とかしてるんだとかを調べ、志望大学などを決められるようになるだろう。先生や親に勉強しろとしつこく言われ、いやいや勉強するぐらいなら自分の好きな科目だけやってもいいと私は思う。

この記事の著者

webma_user
記事一覧

高上は医学部合格率80%!
結果が出る指導を受けてみませんか?

 医学部合格実績を見る 

著者一覧