札幌の予備校・塾|大学受験(英語・数学)は札幌のマンツーマン個別指導塾、高上へお電話ください!大学受験において偏差値を上げる塾ですので、生徒の地力を底上げします。札幌駅、大通り駅にある予備校・塾のマンツーマン個別指導塾高上は、大学受験の英語、数学、物理、化学を静かな環境の個室で指導します。周りの声が邪魔になることはありません。英作文の添削、スカイプでの指導も全国どこからでも随時受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:080-1885-3972
受付時間:10:00~21:00
年中無休(相談などについては要予約)
※指導中はお電話に出られません。
お問い合わせページよりご連絡ください。
公開日:2021年4月25日
最終更新日:2021年5月17日

小学生のときまでは友達と野球をしたりゲームをしたりして鼻水たらしながら過ごしてきた。親からは特に何もなく今のうちに遊んどけ見たいなノリで放任されていた。勉強はそこまで悪くはなく、内申点は平均以上あった気がする。小学生の時は先生にどれだけ媚びをうるかだと思ってたため、たまに授業終わりに質問をしに行ってた。ほとんどの科目がおんなじ先生だったので、これだけで各科目1ずつ上がると考えれば安いものだ。とにかく小学生のころは数学はそこまで得意ではなく、遊んでばかりいた。

こんな生活の転機が訪れたのは中学生のころだ。中学の入学式を終え、親に入学祝いしてやると言われたのでうまい飯屋にでも連れて行ってくれるのかなと思っていたが連れてこられたのは薄汚いビルだった。こんなところに店なんてあるのかなとか淡い期待を持ちながら階段を上がっていくとパンチパーマだったりアロハシャツを着たいかついおっさんたちが待ち構えていた。親がそういったつながりを持っているのかと一瞬震えたが、実際はそうではなく話を聞くに教師らしい。自分が入学祝いに連れてこられた場所は高校受験のための塾だった。そこからはとにかく怖い人に囲まれながら必死に勉強した。夏の合宿では合格と書かれてあるハチマキをして真夏の中の暑い中カリカリ音を立てると、最終日には黄色くなっていたりもした。また、長期休みは7時から22時まで自習室に立てこもる地獄の生活が休みの間ずっと続くため、普通の中学生とは真逆で長期休みの最終日になればなるほど地獄から解放される喜びでウキウキになっていく。そんなこんなで勉強をしていったときにふと、数学楽しいなと思うようになっていた。

その時に習っていたのは図形の比の分野だったのは今でも覚えているが、それが関係しているのかもしれないし、パンチパーマのおかげかもしれないし、点数を競い合った塾友達のおかげかもしれない。もしくは地獄の生活が苦にならないように数学をゲーム感覚で楽しんでいたのかもしれない。そこからは数学の成績はみるみる上がって駿台模試で偏差値70台を取れるようにもなった。高校に進学して、高1のすべての教科の予習が済んだ夏にふと数学オリンピックに出てみようと思い申し込んだ。結果は予選までとなったが、逆に今の実力が測れたし今後の大学受験のモチベーションにもなった。

数学だけじゃなくても言えることだが何かを得意になろうとするには絶対にそれに対して時間を費やさなければならない。そのきっかけがパンチパーマのおっさんで何であれ、必要な時間をかければおのずと得意になっていく。ただ、その「必要な時間」というのも個人差が出てくる。天才はこの時間が異様に短い。じゃあ長い人はどうするかというと短い人よりも前段階もしくは他にかけている時間を減らさなくてはならない。今からやっても自分が天才ではない限り前からやっている人には勝てない。数学を得意になりたい人がいるなら「#数学#得意になる方法」などを検索してる時間があったら今すぐ参考書を開いて勉強しなければならない。学生は部活であったり青春であったりで忙しいと思うけど応援している。

この記事の著者

webma_user
記事一覧

高上は医学部合格率80%!
結果が出る指導を受けてみませんか?

 医学部合格実績を見る 

著者一覧