札幌の予備校・塾|大学受験(英語・数学)は札幌のマンツーマン個別指導塾、高上へお電話ください!大学受験において偏差値を上げる塾ですので、生徒の地力を底上げします。札幌駅、大通り駅にある予備校・塾のマンツーマン個別指導塾高上は、大学受験の英語、数学、物理、化学を静かな環境の個室で指導します。周りの声が邪魔になることはありません。英作文の添削、スカイプでの指導も全国どこからでも随時受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:080-1885-3972
受付時間:10:00~21:00
年中無休(相談などについては要予約)
※指導中はお電話に出られません。
お問い合わせページよりご連絡ください。
公開日:2019年8月4日

こんにちは。高上の数物英講師です。今日は京大数学のなかでもトップクラスの難しさだったといわれる問題について解説します。
東大史上最も難しい問題はこちらにあります。

問題

解答

解説、感想

どこが難しいのかというと、普通の帰納法だとnで成り立つ時にn+1でも成り立つと示しますが、nとn+1で成り立つ時にn+2でも成り立つということを示さなければいけないと気づくところです。そこ以外はむしろ普通だと感じました。
そのあとの論理展開も背理法in背理法in帰納法みたいな感じでひとつずつ互いに素とか倍数とか確かめていかなければいけないので神経はすり減らしますけど、内容はとても難しいわけではないです。ユークリッドの互除法の原理の理解が重要です。
整数a,b,c,dがa=bc+dと表せるときにaとcの最大公約数はcとdの最大公約数に等しいというものです。
2個以上の仮定をする帰納法は4stepとかでもやる重要問題ですが、私は初めそれだと思いつかなかったです。nが偶数の時と奇数のときで性質が違うことに気づいてしまい、逆にそれにとらわれてしまいました。(1)でわざわざn=2の場合を示させていて、どうもそれなしではこの先示せそうにないと気づくことができ、2個仮定するに至りました。4stepレベルのとは違って一見色々いじれば普通の帰納法で出来そうな見た目をしているのが落とし穴ということですね。

この記事の著者

数物英講師
記事一覧

著者一覧